≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訓練始めました(^^ゞ

久しぶりに明るい時間にゾロの練習が見れたので写真を

1_201506062209042b7.jpg

ハンドラーはもちろん所長さん。
行進中のスワレ。早かったです
2_20150606220905173.jpg

正面停座も
3_20150606220906f3e.jpg

我が家のシェパチームの中では、ダントツのやんちゃ坊主
5_20150606220909884.jpg

インディやウィルの時には、私たちにも知識がなかったし
あっという間にIPO3が出来るようになっていた感じで・・・
今回ゾロではどんな風に訓練をしていくのか、どうやって覚えさせていくのか、
それをじっくり見ていきたいと
6_201506062209438b8.jpg


そして、こちらウィル
この春の競技会で一応IPO3は引退。
あとはD-1で追求に出るくらいかな?
それでも急に訓練をやめるのも・・・なので服従を

7_20150606220945927.jpg



夫曰く『今競技に出たら勝てそう』な良い状態だそうです



・・で、今回の題の、『訓練始めました』ですが

何を始めたかと言うと・・・・

11_201506062210119f9.jpg

夫のヘルパー修行(爆)

12_20150606221013eae.jpg

知らない人がみたら、ヘルパーが犬を訓練しているように見えるかも
じつは咬まれている方が生徒で咬んでいる方が先生です
所長さんとトップ君に袖の使い方を教えてもらっている夫

8_20150606220946487.jpg

トップ君のあとはインディで同じ練習をしたのですが、
3回目くらいで袖を放さなくなったので、インディ撤収

ヘルパー修行の目的は、
ウィルの体力を維持するために今準備中のドッグランで防衛練習をするため。

ウィルの時には、一人で指導手兼ヘルパーをしなくてはならないので、
ヘルパー練習2回目にして追補の練習も
9_20150606220948c64.jpg

13_20150606221014b54.jpg

14_2015060622101630b.jpg

夫、ものすごく得たものがあったようで、
家に帰ってからも興奮して語ること語ること
夫の次の犬にはこの経験が役に立つといいね~

| 訓練 | 18:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2回SVJ本部展

ドイツシェパード犬協会ジャパン(SVJ)の初めての展覧会とセミナーの記事を
この2月に途中まで書いて、その後全く更新せず
気が付けば、すでに2回目のSVJ Siegerschau (本部展覧会)

今回もセミナー、前夜祭に参加と
どうせ行くなら・・・で、ウィルを成犬オスの部に出陳することに

8日土曜日のセミナーでは審査員のLothar Quoll (WUSV) さんやLeonhard Schweikert (SV)さんによる
シェパードの血統と最近のVA犬の説明が
わかりやすくて、もっともっと聞いてみたかったけど、1時間弱の時間では
シェパード犬については語りつくせませんね。
また次回続編を期待しています

SVJ事務局からは登録システムについての説明も。
これからは出陳申込みも登録番号だけで済むので、本当に簡単で手間が省略。
会員に兎に角便利に・・・という事務局の皆様の努力の賜物です



さて、実際の展覧会ですが、
ふだん訓練犬しか見慣れていない私にとって、
展覧会のブラックタンのシェパはやっぱり迫力

出陳頭数も前回より増え、ますます賑やかに
9日日曜日はあいにくの雨でしたが、
天候の悪さを忘れるくらいの熱気にあふれてました。

一番嬉しいのは、評価を一頭一頭丁寧に説明してくれる審査員。
素人の私でもシェパードの理想形がどんなものなのか少しわかってきたような・・・

展覧会の最後は、
いよいよウィルも出場する成犬オスクラス。
成犬はオスもメスも前日に防衛のテストがあります。
これだけは安心して見ていられる・・・はず、のウィル

2_20141110101029006.jpg

個体審査のウィル

3_201411101010305ea.jpg


比較審査ではゼッケンが1番だったので、
ピックアップ前だけ一番先頭を

4_20141110101032d01.jpg

リンクマナーもあったもんじゃない?カメラ目線で
呼び込みをすると夫がウィルについて行けなくなるので、
あくまで声援のみ

5_2014111010103374c.jpg

成犬オスでは3頭が訓練犬。
ウィルの前の順位までは皆展覧会犬でV評価。
誰もがウィルからは良くてSG評価だろうな~、と思っていたはず。

6_201411101010351a0.jpg

そして講評。
いや、結構誉めてくれてるな~、と聞いていて、
最後に『グレー(ウルフ)だけれど、V評価』と。
仲間からも悲鳴のような歓声が
夫もつい審査員に抱き着いてました

証拠の成績表

7_20141110101119cdb.jpg

大昔、ほんのちょっとだけ展覧会に参加したことがあって、
その時には全く手が届かなかったV評価。
まさかの訓練犬、それもウルフでの快挙?でした。

ウィルのこの成績抜きにしても、訓練系の人たちでも十分楽しめる。
SVJの展覧会ってそんな場所です

シェパ好きなら、是非一度のぞいてみて損はないですよ~

本当はこのメダル欲しさのエントリーでした

8_20141110101117a6c.jpg

| ウィル | 17:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェパード犬界かわります!SVJ始動

ドイツシェパード犬協会ジャパン(SVJ)の初めての展覧会とセミナーがこの土日におこなわれました。

3_20140223203321641.jpg

JSV(日本シェパード犬協会)がWUSV(世界シェパード犬協会)の定款を守らないことで
世界のシェパード犬の協会から認められない団体となり、
ここにやっと、日本にも世界基準のジャーマンシェパードの団体が生まれました。

ドイツシェパード犬協会ジャパン(SVJ
↑名前は似ているけれど、内容も組織も全く違う協会です
お間違えないように。

さて、その記念すべき第1回の展覧会。
WUSVヘンケ会長も出席。事務総長にもちろん展覧会の審査員もSVのFettenn氏。
すべてが世界基準の展覧会。

4_20140223203321045.jpg

見ていて本当にすがすがしい気持ちの良い展覧会でした

成犬オス組の2席の犬は、審査員が
「本当に日本で生まれたのか?」と言うほど絶賛。
成績表はこちら
私は全くの部外者ですが、
聞いていて自分のことのように嬉しくなりました

VA犬も2頭。
SV審査員による、正真正銘のVAです

VA犬にはクリスタルのカップ。
参加者全員に審査員の名前入りのメダルが
これ、めちゃくちゃうれしい
15_20140223203516c5c.jpg

賞状はありませんが、代わりには、
もっと実用的(?)な“評価証明書”が
これも本国ドイツとまったく同じ形式です。
11_20140223203514d00.jpg

これなら、ドイツへ持って行ってもちゃんと成績を証明してくれます。

そしてSVJの理念の一つでもある
『1頭のシェパードに1通の血統書』
今までの日本の展覧会や競技会のように、
開催協会の血統書がなければ出陳出来ない・・・そんなことはなくなります。

正式なSVJの会員募集と血統登録はまだですが、
近日中に始まる予定。
インターネットで登録して、いつでもネットで血統書を取り出せて、
何回も血統書が郵便で往復することもなくなります。

ここまで来るまで、本当に益田所長さん大変な道のりでした。
土曜日のセミナーの壇上でヘンケ会長が、
今回の来日にも、某協会から妨害が入った、と
大いに怒っておられました。

セミナー後のパーティでヘンケ会長(中央)と事務局長さんと
気さくな良いおじさんですが、怒らせたら怖いかも、よ
2_20140223203320800.jpg


長くなりそうなので、続きは次回へ。

ドイツシェパード犬協会ジャパン(SVJ)のホームページも是非見てください。

| その他 | 20:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。