PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェパ飼いさん、必読です!

今、日本のシェパード犬界で“2005年問題”が、それこそ問題な状況となっています。

簡単に解説すると

2005年に世界シェパード犬団体連盟(WUSV)の会議で、
シェパード犬の世界基準をWUSVで定めてそれを順守していくという
議決がされました。

内容はVAをとるための前提条件など・・・

これに従って各国のWUSV傘下の団体は
2007年までを暫定猶予期間とし、2008年から完全実施
していますが、
日本でのWUSV傘下団体(JSVとPD)は、これを順守せず、
JSVについては、2009年11月30日から2年間VAの授与を伴う展覧会の開催禁止を含む、
WUSV傘下団体の機能停止のペナルティを課されました。
またPDについても同様に2010年5月から2年間のペナルティを課されました。

(詳しい内容はWUSV日本支部のサイトをお読みください)


私自身、この問題について、『どうなっているのか?』と質問されることもあり、
(ただの1シェパ愛犬家なんですが
日記に書かせていただきました。

また一人でも多くの日本のシェパード愛犬家の方にも、
日本のシェパード犬界の現状、
そしてWUSV日本支部がシェパード犬のために何をおこなおうとしているのか・・・
を、知っていただきたくシェパードブログ村にも再登録させていただきました。

にほんブログ村 犬ブログ (ジャーマン)シェパードへ
にほんブログ村

『うちの犬は展覧会や訓練の競技会にはでないから関係ない・・・』
と、思われている飼い主の方も多いと思います。
『可愛いからそれで良い』
もちろん、愛犬家としてはそれで十分です。

ただ、シェパード犬としての資質(TSB)、種犬としてのHD評価やED検査評価など、
世界基準で定められた規定に沿って
安定したシェパード犬を繁殖するため、
将来ずっとシェパード犬が魅力にあふれた犬であり続けるために、
私も1シェパード愛犬家として、この問題に無関心ではいられません。

これからのWUSV日本支部の活動に期待します!

(ブログ村に入られていないシェパード愛犬家の方にも、是非WUSV日本支部のサイトを見ていただきたいです。よろしければこの記事でも直接サイトでも構いませんので、リンクをお願い致します。)

| その他 | 10:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。