PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3連休は

お正月休みが終わってすぐの3連休
たっぷりの訓練三昧。

夫とウィルは、少しずつ精度が上がってきて、
ほ~っと感心させられる場面もちらほら

行進中の作業からの呼び寄せ、正面停座は土曜日の練習では完璧。
(毎回出来るわけではないのですが)
所長さんも『世界選手権に行っても、ここまでする犬は1~2頭くらい』と。
ただし『あんまり誉めると指導手(夫のこと)がコントロール不能になっちゃう』ので、
所長さんが夫に言った評価は『まあまあです』

毎回、夫が注意されるのは脚側。
どうしてもウィルに夫の方が合わせてしまう。
色々ある中で、ここがウィル&夫の一番の課題。

今回から、脚側で乗馬の時に使っていた短鞭(むち)を使うことに。
ただし、これは脚側で前に出すぎたウィルを戻すためのものではなく、
もちろん間違ったことを叱るためでもなく、
あくまでも、ウィルに“集中しろ”の合図を送るため。
常にむちに頼って全てをしようとすると、むちがなければ何も出来ないようになるので、
使い方を間違えないように、と、所長さんより。

ウィルの持来です



私とインディは、
客観的に見ていないので、注意を受けたところを。
個人的なメモなので、スルーしてください

防衛:
・ヘルパーの袖をロスさせて私が近寄って行ったあと、インディがしっかり監視をしていたら、まずそこで誉めてからジッツ
・ヘルパーの奇襲など、袖をしっかりグリップしていたらもっと誉める
・ロスでの反応が良ければただちに誉める
(全体に誉めるタイミングが遅れがち)
・側面護送に入る前にヘルパーに並ぶ時には、もう少し近くで小回り
・審査員の前で止まる時に、もう少しヘルパーとの間隔をとる

服従:
・脚側に入る前に、インディの集中をあげる。5歩歩いてパッドを繰り返す
・反転の最後に私がインディに寄って行ってしまう。その場で回転するように
・待機の伏せのコマンドはいつもより強い気持ちで、また座らせる時も多少体が震えるくらいの気持ちでコマンドを
・行進中の作業では、足を強く踏み込んだりすることなしに、声符だけで

| 訓練 | 20:47 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

すてき♪
私も馬のムチ持ってます。Rayの時にちょっぴり使いました。ご主人の足元にも及びませんが・・私

| Windyママ | 2012/01/10 08:47 | URL | ≫ EDIT

Windyママさんへ

乗馬で慣れていたせいか、ムチの使い方は誉められてます(^^)
ウィルもどんどん良くなって、練習が楽しくてしかたないようです(笑)

| ラムジー | 2012/01/14 15:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。