2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとりごと、と言うよりぼやき

犬を扱うプロの訓練士さんは、
誰よりも犬を大切にし、
誰よりも犬の細かな体調の変化に気づく・・・
そんな人達、と思ってました。
実際、私のまわりの訓練士さんは皆そうだから。

体調の悪い犬を無理に競技会に出場させるのは何故?
肩書に箔がつけばお客さんが集まるから?
世界選手権に出場したという自己満足のため?
自分の息のかかっていないペアに権利を譲りたくない上からのお達し?

犬は自分たちの生活の糧を得るための道具でしょうか・・・

YOU TUBEの防衛の動画を見て、
『その犬は足を痛めているのだから、そんな振り回さないでっ!』と、
画面の中のヘルパーさんについ叫んで・・・

周囲には本当のプロがいて、何度も引き返せる(棄権する)チャンスはあったはず。

憤りを通り越して、今はもう残念感しか湧いてきません。

もし、かりに、本当に、
自分の犬、自分の関係した犬が、
健康そのもので、どこにも故障をかかえていないと信じていたなら・・・
プロとしての能力がないことを職業にしなければならない人たちが・・・とても哀れです・・・



スポンサーサイト

| 未分類 | 15:50 | comments:36 | trackbacks(-) | TOP↑

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。