FC2ブログ

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

デビュー戦の結果(防衛)

さて、引き続いて防衛の結果です。

競技会の前日に、会場で練習できる時間があるのですが、
そこでインディのテント周りを練習しようと思ったら・・・

始めっから6番テントにインディの意識がいっていて、
1番テントを回っただけでも呼び戻しが出来ず、
コントロール不能の状態

あとで所長さんに、
『スタート時に正面を向かって審査員に挨拶した後、
1番テントに向き直した時に、インディが少し前に出ていた。
それを直さずに、私がインディの横に着いてしまったため
(私がインディに脚側してしまったため)
主導権がインディになってしまった。
それだから“今日は僕が自由に出来る”と、インディが勝手に動いた』
と、言われてしまいました

そうならない策を教えてもらい、
さて本番。

テントを回ってからの『ヒヤ~』で、
びっくりするくらいインディが手元に戻ってきて
所長さんの策の効果はすごい!と思っているうちに、
私の立ち位置がくるって(歩くのが遅くなって)
インディは私の命ずるまま、5番テントに行かずに3番テントをもう一度回ってしまいました

テントの位置をしっかり覚えさせなくてはならないのは、
インディにではなく私にでした
犬なしで自分だけで防衛の公開練習をされていたT訓練士さん。
その意味がよ~くわかりました。

その後は、背面護送で前に出すぎたり、色々問題点はありましたが、
大きな失敗はなく(?)93点でした。

遠距離も良くなってるとヘルパー先生にも言っていただいたし、
何より何人ものベテラン訓練士さんに、
指導手の態度がとても良かった、と、褒めていただいて
無謀にもデビュー戦に予選会を選んだ私たちアマチュアに
迷惑がるどころか、本当に暖かいお言葉を沢山いただきました。
ありがとうございました。




ウィル&夫は・・・
所長さんもびっくり!の想像以上の出来。
夫の“放せ!”の命令でウィルが袖を放すたびに、
『よし、放した~』と、皆で

途中で中止になるかも・・・の大方の予想を裏切る(?)
85点
所長さんにも『指示のタイミングが非常に良かったです。』と。

ウィルの防衛の動画はこちら

6_20120408212638.jpg

7_20120408212638.jpg

私、夫ともすべての課目(追求、服従、防衛)で70点以上だったので、
デビュー戦でしたがIPO3合格点をいただけました。

IPOを始めてまだ半年。
所長さんや先生方の熱心なご指導と
クラブの皆さんの支えで、本当に短い時間で競技会に参加することが出来ました。
もちろん所長さんやT先生がしっかり犬を作ってくれたことがあってのことは
言うまでもありませんが。

才能も時間もない私や夫のようなアマチュアにとって、
プロに作ってもらった犬でIPOを楽しむ。
こういう形もありなんじゃないかと。

少なくとも私たちはこの週末の競技会を心の底から楽しみました

次は秋のD-1アジアチャンピオンシップ
そこに向けて、もっともっと練習して上手くなりたいと思ってます
スポンサーサイト



| 競技会 | 22:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デビュー戦の結果(追求・服従)

日本代表を決定する予選会が夫と私のIPOデビュー戦。

ある訓練士さんが、
『この競技会に出たいと思っている訓練士はまだまだ沢山いるが、
3つの課目を出来る犬がいなくて出られない』と。


我が家は2頭のシェパが2頭ともIPO3に合格して・・・
この場所に立てたことだけでも、ものすごく幸運なことだと
教えてもらいました


7日土曜日の追求は、結構な風が
インディ、途中、2回ほど迷ったのですが、
最終物品までたどり着いて93点。
所長さんからは、
『あそこまで良い鼻づかいをしていたなら、もう少しリードをゆったりとさせた方が良かったです』と。
『でも上出来です』と合格点を

まだどんな鼻づかいが良いのか悪いのか、全くわかってないです



夫とウィルは、
第2物品にたどり着く前に、コーナーでかなり迷いました。
見ていてもここで中止となるのかと思うほど。
夫自身は、“このままだとどうなるのか?こんな時の場面を想像していなかったし
審査員に何か言われてもドイツ語わからないし・・・”と
緊張していたようで

その後は何とかそのコーナーをショートカットでクリヤーして、
無事最終物品まで。81点でした

ウィルの追求の動画はこちら

服従は、
出番前に少し練習してしまったのが・・・・
インディのようなベテラン犬は、1回練習してしまうと、
本番は2回目となって、やる気や活気が落ちてしまうんだそう。

出番前の準備くらいは自分でしようと思ったのが間違い。
脚側では活気がなくてG評価。
自分ではそれほど悪い脚側ではなかったように思ったのですが、
何しろ緊張していたので、
そのあたりの記憶は定かではありません

課題の1m障害は、無事に跳んでくれたし、
(私もダンベルの投げ直しをしなくて良かったし)
前進も良いタイミングで出せたと。
前進はSGプラス評価でした。

行進中の“座れ”が座らずにM評価(点数なし)だったので、
合計76点。

所長さんに注意されていたところを、講評でそっくりそのまま言われました。





夫&ウィルの服従は・・・
夫『ウィルが全然こっちの言うことを聞かなかった。悔しい!』
周りの反応“普段よりずっと良いじゃない”



そして防衛へと・・・
長くなったので次へ続きます



| 競技会 | 21:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月