2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競技会の記録:番外編(^^ゞ

ご存知の方は、ご存知なんですが・・・

予選会の公開練習の4月6日、
インディに前進の方向を教えるために、
インディのリードを持って、まっすぐに走らなければならない場面で・・・
素人丸出しで・・・転びました

転んだ瞬間にも左手に持っていたリードを放さなかったので、
その後、左肩が上がらない状態に

肩の腱板が切れてたら、全身麻酔で手術か~、と内心冷や冷や


幸いに少しずつは肩があげられるようになったものの、
今でも朝、布団を押し入れの上段に入れるのがちょっと苦労


今日、仕事の合間に、撮ってみましたMRI

2_20120426215248.jpg

放射線科医の読みは、腱板損傷疑いと上腕骨の挫傷(小さい骨折もあるかも)

関節専門の整形外科医からは、
“左肩腱板不全断裂と上腕骨頭の骨挫傷”と診断が
『痛みがとれるのには1か月程度』と。

はぁ~、1か月か~

ふと、・・・すでに・・・転んでから・・・3週間。
な~んだあと1週間で痛みがとれるんだ

連休明けには左手でもダンベルが投げられるまでになるかな?
あっ!右手でもまともに投げられないんでした
スポンサーサイト

| その他 | 22:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

選考会の写真

選考会から早2週間。
やっとあの興奮(?)から覚めて、普段の生活に戻りつつある我が家。

そんなところへ、kosamiさんから嬉しい物が。
選考会の写真が沢山入ったCDをいただきました

あっ!その前に・・・
前回の日記で使わせていただいた写真をくださったレックス君のオーナーさん。
インディの息子であるレックス君のお写真もいただきましたので、
こちらに

インディの息子とは思えないほどのイケメンです
17_20120421212251.jpg

16_20120421212252.jpg


では、kosamiさんのご主人mitsuさん撮影の写真を
出来るだけ指導手が写ってないもののうち、ほんの一部を・・・

ウィルの追求
1_20120421212143.jpg

2_20120421212142.jpg

インディ服従
3_20120421212141.jpg

4_20120421212141.jpg

5_20120421212139.jpg

ウィル服従
6_20120421212139.jpg

7_20120421212218.jpg

8_20120421212217.jpg


インディ防衛
9_20120421212216.jpg

10_20120421212215.jpg

11_20120421212214.jpg

ウィル防衛
動画を見て初めて気がついたのですが、
この↓追捕の場面で、
このまま行ったら逃げるヘルパーさんの肘あたりを咬捕しそうな角度ですが
13_20120421212254.jpg

くるっとヘルパーさんの横に回って、袖のど真ん中を
14_20120421212253.jpg

ウィル、いつの間にこんなことが出来るようになってたんだろう

12_20120421212214.jpg

15_20120421212252.jpg


いつもの競技会の写真なら・・・
写真のこちら側はM所長さんやT先生。
でも、今回は自分たち。

私たちがインディやウィルとこんな風に競技が出来るなんて・・・
感慨ひとしおです


写真や動画を撮っていただいた皆様。
本当に良い記念になりました。
どうもありがとうございました。

| 競技会 | 22:47 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競技会後は

競技会も終わったので、
しばらくゆっくりお休み・・・・

の、わけないですね

練習したいことが山積み状態。
一度に全部は出来ないので、毎回自分自身で課題を。

まずは一番気になるところから。
持来でダンベルを投げた後に、インディの座れが腰が上がってしまうところ。
いままでは、まず私が上手くダンベルを投げられるのか、
インディが跳んでくれるのか・・・
そこばかり気にしていたので、インディ座れが不安定になってることまで
気が回っていなかった

なにしろ、競技経験は私よりかなり豊富なインディ。
やることがわかっているので先読みして動くことが。

すべて私の命令で動くことを、もう一度初めから。

17_20120415204516.jpg

18_20120415204515.jpg

防衛では、
6番テントでの“ヘルパー出て”の後に“ジッツ(座れ)”を。

ここも先にインディの腰が上がってしまうので。
以前から『“ヘルパー出て”はヘルパーに言う言葉ではなく、犬に座れの命令をする言葉』と
所長さんに言われていて、
それは十分理解していたつもりでしたが、言ってもインディがしっかり座ってなければ・・・
大きな声や強い口調では、犬がさらに興奮して座れが不安定になる、
もっと小さくやさしく言うように、とのこと。

『ロス(放せ)』ももう少し短く、と。これは忘れないように書いておこうっと



写真はインディの息子のオーナーさんからいただきましたありがとうございます。
競技会ではインディの子供たちが3頭ほどオーナーさんに連れられて
子供たちに会えるのも競技会の楽しみですね~。


ウィルはこの週末も、文字通りの猛特訓。
夫が『こうしたい!』と言うことにM所長さんすぐに応えてくださいます。

『禁足咆哮でウィルの背中の毛が立つのをなんとかしたい』との夫に、
ヘルパー役の所長さん、ウィルが吠えている間に背中の毛をなでつけてました
9_20120415204517.jpg

昨日の服従と防衛でかなり時間をかけて練習したのに、
今朝も1時間半ほど、みっちり脚側の練習。
それでも、全く疲れも見せず、のウィル。
『あと4時間くらい練習できそうだな』と所長さんに。

『体力と根性は日本一だと思います』

誉められたんだか、どうなんだか・・・

7_20120415204518.jpg



| 訓練 | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デビュー戦の結果(防衛)

さて、引き続いて防衛の結果です。

競技会の前日に、会場で練習できる時間があるのですが、
そこでインディのテント周りを練習しようと思ったら・・・

始めっから6番テントにインディの意識がいっていて、
1番テントを回っただけでも呼び戻しが出来ず、
コントロール不能の状態

あとで所長さんに、
『スタート時に正面を向かって審査員に挨拶した後、
1番テントに向き直した時に、インディが少し前に出ていた。
それを直さずに、私がインディの横に着いてしまったため
(私がインディに脚側してしまったため)
主導権がインディになってしまった。
それだから“今日は僕が自由に出来る”と、インディが勝手に動いた』
と、言われてしまいました

そうならない策を教えてもらい、
さて本番。

テントを回ってからの『ヒヤ~』で、
びっくりするくらいインディが手元に戻ってきて
所長さんの策の効果はすごい!と思っているうちに、
私の立ち位置がくるって(歩くのが遅くなって)
インディは私の命ずるまま、5番テントに行かずに3番テントをもう一度回ってしまいました

テントの位置をしっかり覚えさせなくてはならないのは、
インディにではなく私にでした
犬なしで自分だけで防衛の公開練習をされていたT訓練士さん。
その意味がよ~くわかりました。

その後は、背面護送で前に出すぎたり、色々問題点はありましたが、
大きな失敗はなく(?)93点でした。

遠距離も良くなってるとヘルパー先生にも言っていただいたし、
何より何人ものベテラン訓練士さんに、
指導手の態度がとても良かった、と、褒めていただいて
無謀にもデビュー戦に予選会を選んだ私たちアマチュアに
迷惑がるどころか、本当に暖かいお言葉を沢山いただきました。
ありがとうございました。




ウィル&夫は・・・
所長さんもびっくり!の想像以上の出来。
夫の“放せ!”の命令でウィルが袖を放すたびに、
『よし、放した~』と、皆で

途中で中止になるかも・・・の大方の予想を裏切る(?)
85点
所長さんにも『指示のタイミングが非常に良かったです。』と。

ウィルの防衛の動画はこちら

6_20120408212638.jpg

7_20120408212638.jpg

私、夫ともすべての課目(追求、服従、防衛)で70点以上だったので、
デビュー戦でしたがIPO3合格点をいただけました。

IPOを始めてまだ半年。
所長さんや先生方の熱心なご指導と
クラブの皆さんの支えで、本当に短い時間で競技会に参加することが出来ました。
もちろん所長さんやT先生がしっかり犬を作ってくれたことがあってのことは
言うまでもありませんが。

才能も時間もない私や夫のようなアマチュアにとって、
プロに作ってもらった犬でIPOを楽しむ。
こういう形もありなんじゃないかと。

少なくとも私たちはこの週末の競技会を心の底から楽しみました

次は秋のD-1アジアチャンピオンシップ
そこに向けて、もっともっと練習して上手くなりたいと思ってます

| 競技会 | 22:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デビュー戦の結果(追求・服従)

日本代表を決定する予選会が夫と私のIPOデビュー戦。

ある訓練士さんが、
『この競技会に出たいと思っている訓練士はまだまだ沢山いるが、
3つの課目を出来る犬がいなくて出られない』と。


我が家は2頭のシェパが2頭ともIPO3に合格して・・・
この場所に立てたことだけでも、ものすごく幸運なことだと
教えてもらいました


7日土曜日の追求は、結構な風が
インディ、途中、2回ほど迷ったのですが、
最終物品までたどり着いて93点。
所長さんからは、
『あそこまで良い鼻づかいをしていたなら、もう少しリードをゆったりとさせた方が良かったです』と。
『でも上出来です』と合格点を

まだどんな鼻づかいが良いのか悪いのか、全くわかってないです



夫とウィルは、
第2物品にたどり着く前に、コーナーでかなり迷いました。
見ていてもここで中止となるのかと思うほど。
夫自身は、“このままだとどうなるのか?こんな時の場面を想像していなかったし
審査員に何か言われてもドイツ語わからないし・・・”と
緊張していたようで

その後は何とかそのコーナーをショートカットでクリヤーして、
無事最終物品まで。81点でした

ウィルの追求の動画はこちら

服従は、
出番前に少し練習してしまったのが・・・・
インディのようなベテラン犬は、1回練習してしまうと、
本番は2回目となって、やる気や活気が落ちてしまうんだそう。

出番前の準備くらいは自分でしようと思ったのが間違い。
脚側では活気がなくてG評価。
自分ではそれほど悪い脚側ではなかったように思ったのですが、
何しろ緊張していたので、
そのあたりの記憶は定かではありません

課題の1m障害は、無事に跳んでくれたし、
(私もダンベルの投げ直しをしなくて良かったし)
前進も良いタイミングで出せたと。
前進はSGプラス評価でした。

行進中の“座れ”が座らずにM評価(点数なし)だったので、
合計76点。

所長さんに注意されていたところを、講評でそっくりそのまま言われました。





夫&ウィルの服従は・・・
夫『ウィルが全然こっちの言うことを聞かなかった。悔しい!』
周りの反応“普段よりずっと良いじゃない”



そして防衛へと・・・
長くなったので次へ続きます



| 競技会 | 21:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

予選会終わりました(^^)

朝3時起きして3日間通った岐阜。
無事終わりました

結果の速報は、すでに所長さんがシュッツフントクラブのHPに載せてくださってます(早っ

まずは、トップ君とトップの成績で日本代表になられた益田所長さん
おめでとうございます。

10_20120408212714.jpg


トップ君は小さい時から知ってましたし、
最近はずっと訓練も一緒に見せてもらっていました。
練習では私が見てもちょっと不安なところもあったトップ君。
(所長さん、失礼な言い方ですみません
それが、競技会本番で最高の調子に持っていく・・・

今まで、インディが出ていたため、
ほとんど競技会を見に行ったことがなかったのですが、
今回の所長さんの競技を初めて生で見て、
本当にプロのすごさ、いや所長さんのすごさに大感動でした。

いや~、私たちって本当にすごい人に教えてもらってるんだ~

この数年、毎年2か月はインディを連れてヨーロッパで練習を積まれていた所長さん。
ご自分のトップ君は日本に残したままで・・・
だから、今回はどうしてもトップ君と一緒に世界へ行って欲しいと思ってました
今回の1席はインディの時と同じように嬉しいです

そして、2位と3位には、
九州と場所は離れていてもお仲間の石原訓練士さんと、
関東からの南郷訓練士さん
9_20120408212714.jpg

このお二方の女性訓練士さんの競技にもただただ感動。
本当に良いものを見せていただきました。
やっぱり競技会は生で見るもんですね~

ちなみに、日本代表の上位4犬はフォン キョウトマスダ犬舎。
補欠2ペアを含む全7ペアのうち5ペアの犬がキョウトマスダ犬舎でした


私と夫の競技は・・・
書きだしたらものすご~く長くなりそうなので
また明日にでもアップします。

本当に楽しく充実したこの週末。
関係者の皆様、お疲れさまでした~
そしてありがとうございました。

| 競技会 | 22:16 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ

いよいよ次の週末は予選会
平日練習できない私たちにとって、
今日が競技会前の最後の練習日


先週の追求の練習では、
『後半、インディについていってしまうところがあった』と言われたので、
とにかくリズムを崩さないように注意を。

曲がり角でのリードの張り具合を調整して、
『ほとんどマイナスのないV評価』と所長さんから

ウィル&夫も良い感じで、T先生も喜んでました



去年、インディが世界選手権から帰ってきて、
その時から、
指導手が所長さんから私に代わって・・・

競技会に出るために
毎週毎週、週末には服従だけでなく、防衛も追求も
所長さんに手取り足取り、つきっきりで練習させてもらって・・・

まっさらの私や夫が、これだけ詰めて練習出来たことで
所長さんにも『だいぶ犬との息があってきた』と言ってもらえたし
この時期に競技会があったことが本当にラッキーです。

これを言ったらT先生に
『めちゃ、プラス思考ですね』と笑われましたが、
この数か月はこれだけ練習しているアマチュアはきっといないだろうと
思えるほど。

あっ!もちろん、所長さんやT先生をはじめ、
毎回練習につきあってくださってるヘルパー先生、
広い練習場があることも、
すべてが思いっきり恵まれた環境なんですが

今の私のレベルで出来ることは全て所長さんに教えていただいたし、
あとはそれを一つ一つきちんと競技会の場で出せるように。
インディと私でどんな競技が出来るのか・・・
今から楽しみでワクワクしてます

6_20120325173343.jpg

| 訓練 | 20:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。