2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

追求

この週末の練習メニューは、
服従と追求~

7_20120114142626.jpg

昨日の追求は、ウィルも久しぶりだし、夫もほぼ初めてだし、
所長さんがつきっきりで指導を


8_20120114142626.jpg


9_20120114142625.jpg


10_20120114142625.jpg

物品を見つけて、伏せて指示

11_20120114142625.jpg

物品を拾い上げて

12_20120114142624.jpg

ジャッジに見せて
13_20120114142640.jpg


と、一通り指導手は何をするのかをまず教えてもらい

そして今日。
追求場所に行くまでにも、騒いで落ち着きのないウィル
しばらくは、所長さんがリードを持って練習することに。
落ち着いて追求出来るようになるには、まず通常のウィルとの接し方から
直す必要がありそう

インディは・・・

すでに追求とわかっているので、
落ち着いていて

出だしと曲がり角とスピードについて細かく指導をしてもらい、
(追求の注意点のほぼ全部?
あとはオートマチック
どうやってここまでインディに教えたのか、
その過程を見てみたかったな~。

見ていた夫、『いいな~』と本当にうらやましそう

でも、
服従でも、毎回進歩が目に見えるウィル。
きっと追求でも良い作業が出来るようになると、
楽しみがまた増えました
スポンサーサイト

| 訓練 | 18:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3連休は

お正月休みが終わってすぐの3連休
たっぷりの訓練三昧。

夫とウィルは、少しずつ精度が上がってきて、
ほ~っと感心させられる場面もちらほら

行進中の作業からの呼び寄せ、正面停座は土曜日の練習では完璧。
(毎回出来るわけではないのですが)
所長さんも『世界選手権に行っても、ここまでする犬は1~2頭くらい』と。
ただし『あんまり誉めると指導手(夫のこと)がコントロール不能になっちゃう』ので、
所長さんが夫に言った評価は『まあまあです』

毎回、夫が注意されるのは脚側。
どうしてもウィルに夫の方が合わせてしまう。
色々ある中で、ここがウィル&夫の一番の課題。

今回から、脚側で乗馬の時に使っていた短鞭(むち)を使うことに。
ただし、これは脚側で前に出すぎたウィルを戻すためのものではなく、
もちろん間違ったことを叱るためでもなく、
あくまでも、ウィルに“集中しろ”の合図を送るため。
常にむちに頼って全てをしようとすると、むちがなければ何も出来ないようになるので、
使い方を間違えないように、と、所長さんより。

ウィルの持来です



私とインディは、
客観的に見ていないので、注意を受けたところを。
個人的なメモなので、スルーしてください

防衛:
・ヘルパーの袖をロスさせて私が近寄って行ったあと、インディがしっかり監視をしていたら、まずそこで誉めてからジッツ
・ヘルパーの奇襲など、袖をしっかりグリップしていたらもっと誉める
・ロスでの反応が良ければただちに誉める
(全体に誉めるタイミングが遅れがち)
・側面護送に入る前にヘルパーに並ぶ時には、もう少し近くで小回り
・審査員の前で止まる時に、もう少しヘルパーとの間隔をとる

服従:
・脚側に入る前に、インディの集中をあげる。5歩歩いてパッドを繰り返す
・反転の最後に私がインディに寄って行ってしまう。その場で回転するように
・待機の伏せのコマンドはいつもより強い気持ちで、また座らせる時も多少体が震えるくらいの気持ちでコマンドを
・行進中の作業では、足を強く踏み込んだりすることなしに、声符だけで

| 訓練 | 20:47 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訓練初め

毎年このタイトルで日記を書いてるような・・・
それでも、今年からは
夫と私が一緒に練習をしているので、
特別な“訓練初め”です

4_20120103125613.jpg

ウィルは、まず脚側でかぶるのを直すことから。
所長さんの秘策でかなり良い感じに

3_20120103125613.jpg

2_20120103125613.jpg

呼び寄せからの正面停座、後ろを回しての基本姿勢。
びっくりするほど決まって、綺麗でした
新年そうそうウィルに良いもの見せてもらいました。
これが初売りの大サービスで終わらなければ良いのですが


インディは・・・
年末年始の旅行で、完全に座敷犬となっていたし、
まずは我が家の生活に慣れてもらうことが先決と、
家でも全く練習をしていまかったので
どんな風になっているか、またドキドキでした。

今回、練習前に気をつけようと思っていた2点。
『体を回さなくても、背筋を伸ばして背中を張るだけでもインディの(基本姿勢の)位置が下がります』
と、以前所長さんに言われていたので、
とにかく背筋をのばすことを忘れずに。

結果は・・・インディ、下がりすぎ
『もう少し前に出して』と2回ほど注意を。
それでも、こんな少しのことで犬は変わるんだと実感


もう一つは、行進中の座れを早くするために、
以前よりは強めにコマンドを。
これは『今年一番の出来』と誉めていただきました(爆)

思っていたより治るのに時間がかかった肉球の傷も
ほぼ完治
(これは左足ですが、ひどかったのは右足の方)
14_20120102204857.jpg

ダンベル持来も、前進の伏せもさせて(まだまだ遅いけど
“訓練初め”終了。

今年は、もっともっと楽しんで、飛躍の年にしたいと思ってます
今年もインディとウィルをどうぞよろしく~

15_20120102204857.jpg

| 訓練 | 13:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。