2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シュッツコンペ

24日のクリスマスイブは楽しみにしていたコンペが
いつもの練習場で。

インディは痛めた狼爪部の肉球がまだ治らずに
参加出来ず。
でも、服従の3での出場ペアが奇数になるため、
脚側の部分だけ、ダミーで出場させてもらいました

夫とウィル、
見ていた人達から『レベルアップしましたね~』と
前回は、動画を撮っていなかったので、
見ていた人しかわからないかと思いますが、
ずいぶん成長しました



ウィルの持来と前進の動画はこちら

夫、初の防衛です
一番テントに向かわせるときに、ボールを探しに行ったらしいウィル
でも、その後のパトロールは良かったと思います。
背面護送に入る前に、ビデオがバッテリー切れ
遠距離もウィルらしさがあって、迫力ありました


私とインディの脚側はこそっとこちら

毎年恒例の大会ではなく、
こじんまりとした競技会でしたが、
本当に楽しくて有意義な時間でした。

所長さん、是非またこんな機会を作ってください。

そして、見学に来られたパロミノさんが、
ご自分のブログにコンペの様子をアップしてくださいました。
ウィルがかっこよく写ってます
ありがとうございました。
スポンサーサイト

| 競技会 | 18:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンペまで1週間

昨日と今日は、所長さんのレッスン。
インディが家に帰って来てから、初めて所長さんとの対面。
以前は私ヒーヒー言ってたのが、今度は所長さんに

それでも、練習になれば私に集中してくれたので、
ここでもちょっとホッとしました

でも・・・当のインディ、狼爪の部分の肉球を痛め中
昨日の練習でも、坂壁は出来ず、
急ブレーキで伏せさせるとその部分をこすってしまうため、
前進もさせられず

せっかく所長さんにコンペで『防衛も』と言っていただいたのに・・・
足の状態は・・・微妙かな?


そしてコンペに来られる女性の方にお知らせです。
あの場所にないものを今回用意しました。
使い方を説明している時間がないかもしれませんので、
追記に書いておきます。
よろしかったら見てください

≫ Read More

| 訓練 | 19:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初訓練(?)

インディが訓練所から帰ってきて初めての練習。
すでに家でかなり甘えさせてしまってるし
きっと脚側も満足には出来ないだろうと・・・

出来ないことで私があせってしまっては、
インディも楽しくなくなるだろうし、
初めてインディと訓練するつもりで、と、向かう車の中で自分に言い聞かせる。

今日も所長さんはまだヨーロッパなので、T先生のレッスンです。
まずは、ウィル&夫から。

夫への集中力がかなり増してきたウィル。
すべての作業が始めた頃と全く違ってきました
1_20111211150624.jpg

2_20111211150623.jpg

ウィルの進歩がかなりうれしいと見えて、
夫、ニッコニコで練習してます
4_20111211150623.jpg

たまには、カメラ目線でダンベルを私の方に持って来たりしますが
3_20111211150623.jpg


そして、インディは・・・・
8_20111211150623.jpg

これまでは、訓練所から出してきて、
久しぶりに会ってインディが興奮して・・・
↑の部分が省略されて、私としては練習がやり易かった感じ。
あっ!『やり易い』と『出来る』はイコールではありませんので

テンションが上がらないことが良いことか悪いことかは分かりませんが、
『呼び寄せも速くてよかったです』とT先生に言ってもらえたので、
ちょっとホッとしました

ただ脚側は、まだまだ課題満載中
これでコンペまでに間に合うのか~

| 訓練 | 16:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インディのこと

私がインディと練習を始めたのが10月23日。
所長さんからインディを受け取って、
私でもこんな脚側が出来るのかっ・・・と
喜んでいたのもつかの間。

私が練習を重ねる毎に、インディの脚側が乱れて・・・

所長さんのように技術があるわけでもなく、
瞬間瞬間の犬の行動を読めるわけでもなく・・・

そんな私がインディとどうやって服従をしていくのか。
誉めすぎると落ち着きがなくなってしまうので
(↑ここはよく注意されるところ
誉めなくても、一緒に練習をしているだけで
インディが『楽しい~』と、思ってくれてるような~
そこをなんとか利用して
私の思う理想の脚側が出来るようにならないか・・・
と、考えるこの頃です



先週の週末は所長さんがヨーロッパへ出張でしたので、
久しぶりにT先生に練習を見てもらいました。

練習が終わったあとで、T先生がインディを訓練所につれて帰ってくれた時、
いつものように駐車場に向かう私たちのあとを追って・・・

家に帰ってから夫が、
『これ以上インディに訓練所で何を頑張れと言うんだ。
あいつはもう十分頑張ったし、そろそろお疲れ様と家に帰らせたらどうや』と。

2歳から世界選手権に何度も行って、
世界で6位に入賞して・・・・
それもこれも全部所長さんのおかげ。
それほどまでにお世話になった所長さんにお礼が出来るとしたら、
私とインディのペアで、しっかり競技が出来ること。
と、思い上がってましたが・・・
よ~く考えたら、素人の私にそこまで期待はしてないか

来春の大きな大会に出場して、しっかり競技が出来ることを
所長さんに見てもらいたい。
そのためには訓練所できちんと管理をしてもらって、
1回私が競技会に出た後で家に帰すつもりでした。

夫の言葉を聞いて・・・
私も、これ以上何をインディに望んでいるのか、と。

もちろん練習はずっと続けます。
まだ始まったばかりだし
そして、将来所長さんに
『ここは僕よりすごい』と言うところが1つでも出来れば

それを目標に頑張ります


明日、インディが家に帰ってきます


| インディ | 18:31 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。