FC2ブログ

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

≫ EDIT

ウィル、衝撃のデビュー戦!

行ってきました、陸路7時間、はるばる九州まで
D-1アジアインターナショナルチャンピオンシップ。
ウィルのデビュー戦です。

書きたいことが満載の、2日間。
まずはウィルの結果から

1日目の追求。
かな~り草の背丈が高く、土手から見ると犬は全く見えない状態
ウィルのスタート地点は、草が少し刈られてはいたものの、
2mくらいの所からは、長~い草が。

ウィル、その長い草の中へ入り込むことができませんでした。
おそらくその先も追求をしなくてはならないことも、わからなかったんではないかと・・・
しばらく迷っていたので、指導手のT先生、自ら競技中止をジャッジに申し出ました。
点数は0点。

この結果が“衝撃”では、ないんですよ~
初めてだし、かなり難しい条件だし、これは想定内。


さて1日目の2つ目の競技。服従です。
ウィルはまず休止から。

休止場所へ行って、伏せの状態になるのもそこそこ良い感じ。
ところが・・・・
しばらくすると、ウィルがこっちを見ている!?

ウィルが豆粒のように小さく見える場所まで離れているのに・・・
きっと何か気になるものがあるんだろうと、そこの場所で見学を続ける。

そのうちに、あ~やっぱり立ち上がって、移動してしまった

ちょうど、休止のジャッジをしていたM所長さん。
『最初は良かったけど、しばらくしたら、“あれっ?なんか匂いがする”と、
完全に○○さんの存在に気がついてしまった。その後は指導手に全く集中しなくなった。』と。

『今回の服従競技の全体で15点ほど○○さんに気がついたことで減点になってます。』とも

風下に居たはずなのに・・・
犬の嗅覚を完全にあなどっていました
それとも、私の体臭が強烈なのか

服従の点数は71点。
2_20100426201454.jpg
3_20100426201454.jpg



そして・・・・・

2日目、防衛です。

今回、シュッツ3の総合の部では、一番年下のウィル。
『最近“意外と”防衛が良いんです』とM所長さんに言われていたことも
すっかり忘れていましたが・・・
1_20100426201559.jpg
3_20100426201559.jpg
4_20100426201559.jpg


遠距離までをすごく良い感じに作業し、
信じられない思いで、遠距離を見守って、
最後の側面護送。
指導手のT先生がジャッジに鞭を渡して競技が終了した途端、
感激で人目もはばからず涙が
練習でも見たことのないような、すごいウィルがそこに。

今年日本代表に選ばれたH訓練士さん。
『ウィルがすごい点出してますね~』
きっと“あの”ウィルが、と言いたかったんだと

点数は97点
名前を聞いただけでも、震えあがってしまうような、
日本代表ペアの方々、世界選手権入賞ペアの方々をおさえて、
“奇跡”のベスト防衛に
7_20100426201620.jpg


早くも、幸運を使い果たしてしまったような気がしないでもないですが
九州まで見に行ったかいがありました。
T先生、M所長さん、ウィルをここまで育てていただいて、
本当にありがとうございました

5_20100426201559.jpg
6_20100426201559.jpg

よく、がんばったね~、ウィル

九州の競技会での話は、また次回にも続きます。
まず今日はここまで。
スポンサーサイト



| 競技会 | 19:38 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月