2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インディの服従訓練

昨日のシュッツの練習は、私用でお休みしてしまったので、
今週は訓練日記も更新できないと思ってました

・・・が、今日はスタンプー軍団をアジ練習に参加させるために
訓練所へ

M所長さん、大サービスでインディの服従を見せて下さいました~
2948

今まで、ダンベルの持来で復路が早足になっていたインディ。
ちゃんと走って帰ってくるように

(デジカメの動画&かなり離れての撮影なので、非常に画像が悪いです
酔わないようにご注意ください


2949

昨日のシュッツの練習は、インディはちょっと爪を傷めてたので禁足だけ。
そして、ウィルは~
M所長さん曰く、夫が見ていたら『泣いて喜びそうな』すごく良い防衛だったそうです

ふだんから、評価が控えめなT先生も、『良かったですよ~』
来年の春までにウィルがIPO3をとる話題の中で、
『最初から3の練習しかしてませんから』と、
決して“無理!”とは言わなかったし


そして、こちらはM所長さんのトップ君
2946
アジ教室のまん前で服従訓練を。
教室の生徒さん達(人間の)、目を皿のようにして、
トップ君の服従を見ていました
(もちろん私も

行進中の立止の場面
2947
いつも暗い所でしか見ていなかったので、
明るい所で、こんなに近くから見たのは初めて。
トップ君ものすごくイケメンでした
(訓練日記にこんな感想ですみません
スポンサーサイト

| インディ | 15:52 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月22日の防衛訓練

先週はお休みしてしまったので
2週間ぶりとなりました。

まずはウィル。
え~っもう1番テントから回ってるの~
ウィル、とっても良い感じで走ってくれてました

禁足咆哮と追補はこんな感じ。


今回も、護送へ移行する場面の練習が中心となりました。
ヘルパーに下がって歩き出すように指示する時、
(ウィルの時は『ゆっくり下がって』とヘルパーに指示します。)
これは同時に犬に“フス(左側へつけ)”の指示。

ウィルはまだこれがうまく出来ずに、どうしてもT先生から1歩離れてから左側へ。
そして、ヘルパーとウィルが対峙している時に、
T先生が近づいてくると、ヘルパーよりT先生が気になって振り向いてしまいます。

1年前に所長さんがインディとペアを組んだ時もそうだったようで、
これからウィルがどんな風にそれを理解していくのか・・・
どんな風にウィルにそれを教えていくのか・・・
見ているのが楽しくてなりません

はインディの動画ですが、
一番最後のあたりに、護送への移行場面が出てきます。
練習を積んだインディは、何気な~くスッと所長さんの左側につきますが、
これを教えるだけでも、こんなに練習をしなければならないんですね~



いつも練習の邪魔になってはいけないと、
服従訓練の時間は避けて見学を。
インディ、服従もすっごく良くなっているそうです
また所長さんの奥様が動画を撮ってくださるとのこと。
楽しみ~

帰りの車の中で、夫がポツリ。
『T先生クラスの訓練士さんでさえ、“そんなやり方じゃ、だめだっ”って、
言ってもらえるんだもんな~。本当にいい練習場所だよな~』

おったまには良いこと言うじゃん


トップ君の動画はこちらです その1 その2

| 訓練 | 15:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月8日の防衛訓練

2910
時折雨がぱらつく中、
『雨天決行です!』との所長さんの連絡で、
ワクワクしながら(←毎度のこと)出かけてきました

今回のインディは“服従を思いっきりやった”あとだったので、
咬みがもう一つ、だったそうです。
そばで見ていましたが、そんな風には私にはわかりませんでしたが

来年の世界大会にむけて、まだまだ今までやってきたことの3倍くらい、
やることがあるそうです。
う~ん、インディ!どこまですごいことになっちゃうんでしょう
2911

今回の練習で、一番びっくりしたのは、
ウィルの進歩
先週は5番テントから初めて、
テント周りも、なかなか出来なかった状態だったのに、
今回は1番テントから!
それもきれいに回ることが出来るように~
(まだテントの近くまでT先生に一緒に行ってもらっていますが)

追補も引き続き良い感じ
“咬み”については、体型的にも恵まれてるし、
今のところ、心配はなさそうな感じです。

ウィルの禁足から追補までの動画


さらに、前回はもう一つ理解していなかった、
護送への移行場面。
今回は最初の1回だけ吠えてしまいましたが、
あとはちゃんとT先生の左側へ

ウィルの護送と遠距離攻撃の動画


たった1週間で、こんなに成長するものなの????
その秘密は・・・

実は、所長さんから、T先生へアドバイスを。
T先生が変わったことで、犬が良くなったんだそう。
『指導手が変われば、犬も変わる!』と、所長さん。

そう言えば、今回の練習では、
T先生が担当している3頭が3頭とも、すごく良くなっていた気が~

犬を良くするのも、悪くするのも指導手次第
言葉としてはわかっていたはずですが、
今回それを目の当たりにして、さらに気持ちが引き締まった思いです


練習が終わった後で、
雑談混じりにウィルの今後の計画を・・・
『来年の予選会(WUSVの)に出すのは、まだ無理ですよ』と、所長さん。
そんなこと、考えてもいないですよ~

とりあえず、春までにIPOの1度、2度、3度のテストを受けて(
2月にあるLG関西主催のシュッツ競技会で、デビュー予定です。
(服従だけになるかもしれませんが)
3度の資格が取れたら、うちに戻ってくるウィル。
まだまだ先のこと、と思っていたけど・・・
そんな遠~い話ではなさそうな・・・・(ちょっぴりドキドキ


トップ君の動画はこちら">→

| 訓練 | 15:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月1日の防衛訓練

日中はポカポカ陽気でしたが、
夕方の河川敷は気温も下がって、
ワンたちには訓練しやすい気候になってきました

まずはウィル。
先週に引き続き(?)、追補は良い感じです


今回は、ヘルパーの袖を“ロス!”で放したあと、
護送にうつる場面への移行の練習が中心となりました。

ところがウィル、指導手のT先生の左について、
ヘルパーと向き合うと、その場面の意味が理解できずに禁足咆哮状態に
リードをつけて、何回か練習して、少し理解が出来たかな?

このことに限らず、
犬に新しいことを覚えさせる時、
ある段階で、ふっとそれが出来たら、
指導手は、『あの人、ちょっと頭がおかしいんじゃない?』と、言う位、
犬を誉めて、誉めて、誉めまくる。
そうすれば犬も“こうしたら、誉めてもらえるんだ~”と出来るようになる。

所長さんのありがたいお話でした

でも、そのためには、指導手が“正しい”知識を持っていなければ。
とりあえず、今は犬を最高の状態にもっていく訓練方法を頭に叩き込んでいます


そして、インディ。
動きにキレがあるというか、無駄がないというか・・・
他人事のようですが、貫禄さえ感じるようになりました。

今回も、追補でヘルパーに回り込む練習が中心です。
動画をいくつも貼り付けると、重たくなりそうなので、
インディの動画は、下のリンクからとんで下さい
http://jp.youtube.com/watch?v=DtHlTFOKZFM

またまた、最後になってしまいましたが、
お約束のトップ君の動画もどうぞ~
トップ君の動画:その1 その2

| 訓練 | 13:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引っ越しました

11月になったから・・・と、いうわけではありませんが、
こちらの方が動画も直接貼れて便利なので、
訓練日記を引っ越ししました

前の訓練日記も、時間があいた時に、
ぼちぼちこちらへ移動させようと思いますが、
とりあえず、いままでの訓練日記はのリンクからどうぞ。
2006年7月から2008年10月までの日記

今日は、動画のテストです
インディの世界選手権の防衛の動画を貼ってみました。



| 訓練 | 19:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。