| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2回SVJ本部展

ドイツシェパード犬協会ジャパン(SVJ)の初めての展覧会とセミナーの記事を
この2月に途中まで書いて、その後全く更新せず
気が付けば、すでに2回目のSVJ Siegerschau (本部展覧会)

今回もセミナー、前夜祭に参加と
どうせ行くなら・・・で、ウィルを成犬オスの部に出陳することに

8日土曜日のセミナーでは審査員のLothar Quoll (WUSV) さんやLeonhard Schweikert (SV)さんによる
シェパードの血統と最近のVA犬の説明が
わかりやすくて、もっともっと聞いてみたかったけど、1時間弱の時間では
シェパード犬については語りつくせませんね。
また次回続編を期待しています

SVJ事務局からは登録システムについての説明も。
これからは出陳申込みも登録番号だけで済むので、本当に簡単で手間が省略。
会員に兎に角便利に・・・という事務局の皆様の努力の賜物です



さて、実際の展覧会ですが、
ふだん訓練犬しか見慣れていない私にとって、
展覧会のブラックタンのシェパはやっぱり迫力

出陳頭数も前回より増え、ますます賑やかに
9日日曜日はあいにくの雨でしたが、
天候の悪さを忘れるくらいの熱気にあふれてました。

一番嬉しいのは、評価を一頭一頭丁寧に説明してくれる審査員。
素人の私でもシェパードの理想形がどんなものなのか少しわかってきたような・・・

展覧会の最後は、
いよいよウィルも出場する成犬オスクラス。
成犬はオスもメスも前日に防衛のテストがあります。
これだけは安心して見ていられる・・・はず、のウィル

2_20141110101029006.jpg

個体審査のウィル

3_201411101010305ea.jpg


比較審査ではゼッケンが1番だったので、
ピックアップ前だけ一番先頭を

4_20141110101032d01.jpg

リンクマナーもあったもんじゃない?カメラ目線で
呼び込みをすると夫がウィルについて行けなくなるので、
あくまで声援のみ

5_2014111010103374c.jpg

成犬オスでは3頭が訓練犬。
ウィルの前の順位までは皆展覧会犬でV評価。
誰もがウィルからは良くてSG評価だろうな~、と思っていたはず。

6_201411101010351a0.jpg

そして講評。
いや、結構誉めてくれてるな~、と聞いていて、
最後に『グレー(ウルフ)だけれど、V評価』と。
仲間からも悲鳴のような歓声が
夫もつい審査員に抱き着いてました

証拠の成績表

7_20141110101119cdb.jpg

大昔、ほんのちょっとだけ展覧会に参加したことがあって、
その時には全く手が届かなかったV評価。
まさかの訓練犬、それもウルフでの快挙?でした。

ウィルのこの成績抜きにしても、訓練系の人たちでも十分楽しめる。
SVJの展覧会ってそんな場所です

シェパ好きなら、是非一度のぞいてみて損はないですよ~

本当はこのメダル欲しさのエントリーでした

8_20141110101117a6c.jpg
スポンサーサイト

| ウィル | 17:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暑さにも負けず

真冬の寒さにも、夏の暑さにも負けない、
強い体を持つこのお方
12_20120520175047.jpg

ウィル、つくづくタフだと・・・

写真は全部先週の練習のものですが、
土曜日には服従と防衛の練習を夜遅くまでして、
15_20120520175145.jpg

翌日曜日は朝からまた服従。
インディと私は土曜日だけ練習して、日曜日はお休みです

1_20120520175012.jpg

3_20120520175011.jpg

4_20120520175010.jpg

5_20120520175009.jpg

2_20120520175012.jpg

体だけでなく、
精神的にもタフなのか、
叱られてもすぐにケロッとして(←少し意味が違うかも

お腹も、下痢なんてしたことない!っていうほど丈夫だし、
これで鳴き声がうるさくなかったら、本当に飼い易いシェパなのに・・・


昨日の防衛は、FCIバージョンでテントの位置を変えて。
左右が違うだけなのに、勝手が違って難しい
インディはなんとか回ってくれましたが、
ウィルは撃沈。
夫もへこんでました

いつもの場所で、いつも通りのテントの場所。
それがいかに犬まかせで回っているのかが、よ~くわかりました

インディは少し前から、ヘルパーの袖を咬んでいる時に、
我儘(?)が出てきていて、ヘルパーに足をかけたり
唸り声が出たりしていたので、
そこを直したいと所長さんに伝えていました。

昨日はヘルパーが止まったあと、
座ってなおかつしっかり咬捕するように所長さんがそばについて指導を。
そこが出来るようになると、ロス(放せ)が少し遅くなって
これを繰り返しながら練習していくんでしょうね~。

しっかり咬捕して、ロスも早く・・・
プロはこの瞬間を競技会当日にもっていける、んだと思います

防衛もそうですが、
おそらくこれだけIPOを練習させてもらっているアマチュアは他にいないかと。
その恵まれた環境を無駄にしないように、
1回注意されたことは、次には必ず出来るように。
そんな気持ちを持って練習しているこの頃です(出来るかどうかは別問題で


ウィルの前進です

| ウィル | 13:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あと2回

今日の練習が終われば、
シュッツコンペまであと2回しか練習出来ないウィル&夫

練習に行く前に、規定をいちいち私に確認。
自分で規定書を読むなりなんなりしてください

T先生に
『今日は通しで(本番通りに)やります』と宣言。
で、脚側の出足から・・・・

いつもどおりに、脚側を長い時間練習して
7_20111016150457.jpg

なんとか最後には本番通りに。

意外と最後は前進までばっちり決まって、
ウィル&夫ではないみたい、な状態で終了

今日のウィルは首をのばしすぎっ!というほど、
夫に注目。
これにはT先生もびっくりしてました。
どういう心境の変化がウィルに


そして・・・
今日、インディが無事帰国しました
長旅の疲れもあるでしょうし、
今日は会いに行くことはしませんでした。

次の土日には、たっぷりインディと遊んできます

所長さん、奥様、
お疲れ様でした。
インディをありがとうございました。

| ウィル | 15:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自主連は続く

前回の自主連はプードル達のお守りで見れなかったのですが、
今回はしっかり

8_20110924153524.jpg

練習といっても、
夫が先生の指導なしに練習するのは、脚側のみ。
なんたって、これが基本中の基本。
脚側がしっかり出来なければ、その先はなんにも出来ませんから。

あっ!行進中の作業も少ししてました

カメラ目線のウィル
9_20110924153524.jpg

脚側はかぶるのが少し良くなってたような~。
ウィルの後足を動かす、動かし方もずいぶん出来るようになってました

10_20110924153523.jpg

明日は、またT先生とのレッスン。
1回の自主連だけではそれほど成果が出るとは思えませんが、
前回習ったことをちゃんと(?)復習しておけたのは良かったかな


話はかわりますが・・・
インディの娘のうーたんが訓練してもらいだしたことで
読みだしたI 訓練士さんのブログ。

直接はほとんどお話させていただいたことはないのですが、
競技会場でお見かけして、
私としては非常にクールな印象を

でも、ブログでは、
とても“あの”I 訓練士さんを想像が出来なくて
面白くて、ちょこちょこ読ませていただいてます。

一番最近の記事『仮装パーティー?』
大笑いでした
是非読んでみてください

I 訓練士さんのHPは、シュッツフントクラブのHP
メンバーのHPの中
グリーンウィルからどうぞ。

| ウィル | 15:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10回目は・・・

昨日のT先生との練習。
夫、初めての追求です

まずは、スタートさせる時の注意点を教えてもらい、
いよいよロングリードを脚にくぐらせて・・・

T先生が印跡をしてくれて、物品をおいた追求場所。
散歩で通りかかったラブラドールの飼い主さん、
思いっきりその場所でボール投げで遊んでくれました

ウィル自身も久しぶりの追求。
指導手は夫。
なんという悪条件

中央あたりに夫とT先生
遠すぎて何が何だか
6_20110918170126.jpg

T先生に
『ウィルが迷った時は、~~~するように(←夫からのまた聞きで定かでないので)』
と、言われた夫。
ウィルが迷っているのかどうかさえ分からなかったそう



日差しが強くなってきたので、
木陰に場所を移して服従
7_20110918170126.jpg

移動の最中にプードル達とも顔をあわせてしまったのですが、
服従は“良かったです”とT先生に

10月27日のシュッツコンペまでに
服従は間に合いそうかな?

私もプードル達と一緒に日陰に入っていたので、
隠し撮りのような写真
8_20110918170126.jpg

| ウィル | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。